塩分過多はナトリウムを排出するために血液内の体液交換が頻繁に行われるため、血圧が上がります。

塩分を摂りすぎると起きる症状

 

のどが渇く

 

体に摂取した塩分は、体内でナトリウムに変化し、骨や血液や消化液などに運ばれます。
その際、ナトリウムを運ぶためにカリウムが必要になってきます。塩分を多く摂りすぎると、体内で変化したナトリウムの量に対し、カリウムが少ない状態になってしまいます。

 

そのため、ナトリウムの量を薄めようと体が水分を欲してのどが渇くのです。

 

血圧が上がる

体外に尿や汗を排出してしまうと、体内の塩分濃度が濃いままになってしまうので、体は体外に水分を排出しないようになります。
そして血液からの水分も取り込もうとし、血液の量を増やしてしまいます。
そのため血圧が高くなってしまいます。

 

むくみ

体内の塩分濃度を減らすために、体は水分を多く取り込んでしまいます。
溜め込んだ水分は細胞からあふれ、細胞の周りに溜まっていきます。

 

これが「むくみ」現象になります。

 

塩分過多が引き起こす病気

 

高血圧症

塩分過多で高血圧な女性

塩分の摂取過多が続くと、体は体内のナトリウムを薄めようと血液を大量に作りだし、血液内の体液を頻繁に行います。

 

また、腎臓にはナトリウムを排出するための濾過機能があるため、大量のナトリウムを濾過しようとして、自律神経が腎臓を通る血液量を増やします。

 

塩分過多の場合、これらの状況が常に続くため、高血圧になってしまうと考えられます。

 

腎臓疾患

塩分過多により体内に入った大量のナトリウムを排出しようとして、腎臓が常に濾過作業を続けてしまいます。
すると腎臓に負担がかかるため、腎臓の機能が衰えてきてしまいます。
このため腎臓疾患を引き起こし、慢性化してしまうと、腎不全や脳卒中などを引き起こしてしまう恐れがあります。

 

不整脈・心疾患

ナトリウムがカリウムによって骨や血液などの細胞に運ばれていきます。運ばれていく過程で細胞に電気刺激を伝え、筋肉の伸縮を行います。

 

塩分過多が続くと刺激伝道に異常が起こり、心臓の動きに異常が起こり、心臓の鼓動が不規則になってしまう恐れがあります。

 

それがひどくなってしまうと心疾患や不整脈をおこしてしまうことになります。