ミネラルはどのように摂取するのが良いのでしょう

ミネラルはどのように摂取するのが良いのか

ミネラルは、健康維持には必要不可欠のものですが現代人は、不足しがちです。

 

ミネラルを摂取する方法はどのようにするのが理想的で、その注意点とはどのようなものでしょうか。

 

 

理想的ミネラルの摂取方法

 

近年の健康ブームから、いろいろなサプリがいつでもどこでも手に入るようになりました。
ミネラルのサプリも、いろいろなものが売っています。
ミネラルは健康によいから、何種類ものサプリを飲んだら大丈夫というものではありません。

 

ミネラルの補給はあくまでも、普通の食事で行うことが基本です。
必要なミネラルを満たす食事内容を考えると、自然とバランスの良い食事をとるようになります。

 

野菜や、果物の、農業の方法が、近代化し食品に含まれるミネラルが、減少している傾向にあります。

 

調理方法などで、ミネラルを壊さずに上手に摂るということも可能ですが食品に含まれるミネラルを、吸収を高めるビタミンなどと上手に組み合わせて摂取するという工夫も大切です。

 

吸収しにくい鉄は、ビタミンCと同時に摂ることで吸収しやすくなります。

 

反対にカルシウムは、鉄や、マグネシウム、と取ると、吸収が妨げられる場合があります。

 

サプリ等でどうしても不足しがちなものは、摂取することも可能ですが、サプリを無暗にとったためによる過剰摂取による弊害などもあるため注意が必要です。

 

あくまでも補助的に摂るというようにしましょう。

 

 

リンの摂りすぎに注意

 

リンは骨や歯を作るミネラルとして必要なものですが、その摂りすぎが問題になっています。
加工食品や、ファーストフードを、良く食べている人は、特に注意が必要です。
加工食品には、食品添加物が多く含まれており、使用されているリン酸塩は過剰に摂取するとミネラルの吸収を妨げる場合があります。

 

ミネラルの摂取は、バランスが必要で、カルシウムとリンとのバランスが、崩れるとカルシウムの吸収が阻害されてしまいます。
そうなると、カルシウムを補おうとして、骨からカルシウムが溶けだし、骨がもろくなるということが起こります。

 

カルシウムと、ビタミンD,クエン酸を同時に摂ると、吸収を高めることができます。